スクリーニング

①品目スクリーニング画面を表示させる

画面左側のサイドメニューにある品目スクリーニングのアイコン(下の図で赤枠で囲まれている部分)をクリックすると、品目スクリーニング画面が開きます。
品目スクリーニング画面で数多くの品目から絞り込むことで、改善すべき品目を見つけることができます。



②スクリーニング条件の設定

「条件設定」エリアで基本条件と詳細条件を指定することができます。
基本条件(緑枠)の項目は固定ですが、詳細条件の項目は最大5件まで自由に選択する可能です。
右側の詳細条件エリア(赤枠)で項目のチェックボックスにチェック入れると、左側の詳細条件エリア(オレンジ枠)に該当項目が追加されます。
逆に、項目のチェックボックスからチェックを外すと、該当項目が左側の詳細条件エリアから削除されます。




上の図に「在庫単価」「適正在庫率」「受入回数」「受入単価」「受入単価の騰落率」五つの詳細条件を選択しました。
右側の詳細条件エリアで5つの項目を選択すると、残りの項目は選択不可でグレー表示になります。
別の項目を選択するには、選択した項目の少なくとも一つのチェックを外してください。

③スクリーニング結果の表示

スクリーニング条件を設定した後に、「スクリーニング結果」エリアで条件を満たす品目を絞り込むように、「条件設定」エリアでの「検索」ボタンを押してください。
なお、右側の「お気に入り★」ボタンをクリックすると、スクリーニング結果一覧でお気に入り品目のみが表示されます。
一つのレコードをダブルクリックすると、該当品目の在庫推移チャートへ遷移します。
この画面ではABC分析画面と同じく、自由に表示したい項目を選択することも項目の位置を変更することもできます。
詳しくはこちらをご参照ください。
条件設定エリアに戻りたい場合は「戻る」ボタンを押してください。



④スクリーニング結果一覧のCSV出力

スクリーニング結果一覧のCSVを出力してから、CSVでデータを検索し、加工することができます。
スクリーニング結果一覧のCSVを出力するには以下の手順に従ってください。
❶スクリーニング結果一覧の右上にある「CSV出力」ボタンをクリックすると、以下のオプションポップアップが表示されます。




❷「表示中の項目だけを出力」を選択すると、スクリーニング結果一覧で表示されている項目のデータのみがCSV形式で出力されます。



❸「全ての項目を出力」を選択すると、全ての項目(表示項目切り替え内の全項目)のデータがCSV形式で出力されます。



⑤集計指標

スクリーニング結果画面の下部に以下の集計指標が表示されます。
❶在庫金額
在庫金額=スクリーニング結果に表示されている全品目の集計期間内の在庫金額を合算した値
※対象品目の在庫金額=対象品目の最終在庫締月の複数場所の当月在庫金額の合計
※当月在庫金額は電脳工場の在庫累計テーブルZ020Fの「CURMTH_STOCK_AMT」から取得します。
※対象品目の在庫金額の計算例はこちらをご参照ください。
※最終在庫締月の当月在庫金額が存在しない場合は直近前月の当月在庫金額を参照します。

❷出庫金額
出庫金額=スクリーニング結果に表示されている全品目の集計期間内の出庫金額を合算した値
※出庫金額は電脳工場の在庫受払テーブルZ030Fの「AMT」から取得します。
※対象品目の出庫金額の計算例はこちらをご参照ください。

❸出庫回数
出庫回数=スクリーニング結果に表示されている全品目の集計期間内の出庫回数を合算した値
※出庫回数=電脳工場の受払テーブルZ030Fの「INOUT_DIV=2」件数
※以下の条件を適用します。
 在管K(DATA_CLASS_CD)=21、22、24のみ
 在庫締日(STOCK_CUTOFF_DATE)≠空欄
 ただし、連続工程で同一受払SEQ(INOUT_SEQ)の同一品目の入出庫は除外します。
 受払K=2は「出庫」です。
 在管K=21は「出荷」、在管K=22は「出庫」、在管K=24は「工程実績」です。
※対象品目の出庫回数の計算例はこちらをご参照ください。

❹受入回数
受入回数=スクリーニング結果に表示されている全品目の集計期間内の受入回数を合算した値
※集計期間内の受入回数=集計期間内の電脳工場の受入テーブルH030Fのレコード件数



⑥並び替え機能

スクリーニング結果一覧の上部に表示される項目名をクリックすると、項目名の横に並び替えマーク(下図で赤枠で囲まれている部分)が表示されます。
初期表示は上向き矢印「↑」で、列の値は昇順に並べ替えられます。
上向き矢印をクリックすると、並べ替えマークは下向き矢印「↓」になって、列の値は降順に並べ替えられます。