照合方法(複数Lot運用の場合)

①複数のLot情報を登録する運用とは

通常の照合方法では一つの指示に対して一つの照合実績が作成されます。
一つの出荷に複数のLotを使用する場合は、「複数のLot情報を登録する運用」を適用します。「複数のLot情報を登録する運用」では一つの指示に対して複数の照合実績が作成されるため、それぞれのLot毎に照合実績を作成することができます。

• 通常の照合方法の場合、まずは指示書のQRコードを読み取って、そのあとにそれぞれの現品票のQRコードを読み取ります。複数の現品票のQRコードA,Bを読み取っても、「照合終了」のボタンを押した後に、照合実績が一つだけ作成されます。この照合実績は一つのグループに属します。




• 複数のLot情報を登録する運用の場合、まずは指示書のQRコードを読み取って、そのあとにそれぞれのLotのQRコードを読み取ります。「照合終了」のボタンを押した後に、それぞれのLotの照合実績が作成されます。これらの照合実績は一つのグループに属します。






同じ指示書で照合した照合実績は一つのグループに属します。
ウェブページの照合実績画面では、照合実績がどのグループに属しているか確認できます。


②テンプレート毎に、複数のLot情報を登録する運用を設定する
❶テンプレート一覧で対象テンプレートをタップします。


❷メインメニュー画面で「設定」をタップすると、設定のポップアップが出てくるので、「複数実績」タブを選択してください。


❸「複数実績」タブで「複数実績モード」をONにして、「OK」ボタンを押してください。以上で複数のLot情報を登録する運用の設定は完了です。

※通常の照合に戻したい場合は「複数実績」タブで「複数実績モード」をONからOFFに変更して、「OK」ボタンを押してください。


③複数のLot情報を登録する運用の照合手順
❶メインメニュー画面より「現品照合」を選択します。


❷カメラが起動します(初回起動時はカメラへのアクセスを求められます、
詳細はこちらを参照してください)。指示用QRコードを読み取ってください。
指示用QRコードのサンプルはこちら


❸指示用QRコードを読み取ると、その内容が表示されます。
問題がなければ「次へ」ボタンを選択してください。


❹再度カメラが起動するので照合用のQRコードを読み取ります。
「品目区分」と「品目コード」二つの条件で照合します。照合条件を変更したい場合はこちらのステップ⑤をご参照ください。
照合用QRコードはこちら(正しいQRコード/間違ったQRコード)。
なお、Lot毎の現品QRコード読み取り回数、全Lotの照合実績総数(左側の図で赤枠で囲まれている部分)も確認できます。


❺内容が合っている場合は〇が表示されます。〇の表示時間の編集はこちらを参照してください。


❺内容が間違っている場合は✖が表示され、異なっている内容が画面に赤字で表示されます。


❻照合が終わったら「次へ」を押してください。追加入力画面が表示されるので、
記載内容を変更する必要に応じて入力してください。

標準テンプレートを使う場合、それぞれの内容は以下です。
(出荷数):現品QRコードの7項目目に格納されている「数量」
(LOTNO):現品QRコードの4項目目に格納されている「LOTNO」

「継続」ボタンを押すと、Lot①の照合が終了し、Lot②に進みます。


❼Lot②以降は、照合用QRコードの読み取りから始めて、Lot①と同様の手順(❹ → ❺ → ❻)を繰り返します。


❽全てのLotで照合した後、追加入力画面で「照合終了」ボタンの矢印を押しながら左から右にスライドしてください。


❾そうすると、画面に照合完了の表示が出ます。


照合を終了したいのに、追加入力画面で間違って「継続」ボタンを押した場合は、照合用QRコードの読み取り画面に戻ります。
照合用QRコードの読み取り画面で「緑⨁」を押すと、「照合終了」ボタンが表示されます。


「照合終了」ボタンを押してください。




照合が終了した後に、全てのLotの照合実績がウェブページへアップされます。






戻る