照合実績の確認

①照合実績を確認する

iPhoneで照合が済んだら、ブラウザでその照合実績を確認することができます。

格納されているデータには以下の三種類があります。
❶自動で取得される情報(オレンジ)
• 作業日や、iPhoneにログインしている作業者の名前が表示されているのが確認できます。
• 同じ指示書の照合実績は一つのグループに属します。グループの列で照合実績がどのグループに属しているのが確認できます。
• 照合回数の列で全部の照合回数を、照合「正」の列で照合「正〇」となった回数を、照合「誤」の列で照合「NG✖」となった回数
 を確認できます。そうやって現場での照合がどのような状態であったのかを把握することが可能です。

❷指示QRコードに格納されていた指示データ(緑)
指示QRコードに格納されていたデータが表示されています。

❸iPhoneで入力された情報(赤)
カラム名がオレンジ色になっています。iPhoneで照合完了する際に入力した値が反映されています。追加入力項目が表示されています。

 
•「照合完了」単位で照合SEQが採番されており、それぞれの照合内容を確認することができます。
• それぞれの項目幅は、タイトル名の間にある「|(バー)」を調節することで変更できます。
 重要な項目とそうでないものとで見やすさに差をつけることができます。
 項目幅を変更した後に、画面の右上にある「列幅の保存」を押すことで、ブラウザを閉じても項目の幅広さが保持されます。
※契約者権限を持つユーザのみ、項目の幅広さを保存できます。
  管理者権限、一般権限のユーザー画面には「列幅の保存」が表示されません。




照合したはずなのに画面に照合実績が表示されていないというときには、フィルターの設定を確認してみてください(画面左上に「フィルター」があります)。

②照合実績の最大件数を設定する

照合実績画面の右上にある歯車アイコン(下図で赤枠で囲まれている部分)をクリックすると、設定画面が表示されます。




以下の2つの方法のいずれかで照合実績画面に表示される明細の最大件数を設定してください。
❶調整バーをドラッグします。
❷調整バー右側の欄に数値を入力します。
※明細の最大件数は1000以上~5000以下の範囲で設定できます。1000未満または5000を超える値に設定することはできません。
❸明細の最大件数を設定した後に、「更新」ボタンをクリックしてください。






戻る