企業物価指数推移の確認

①企業物価指数推移チャートから分かること

企業物価指数とは、企業間で取り引きされる商品の価格を指数化した物価指数のことで、企業間の流通段階における工業製品や農林水産物、鉱産物、電力、都市ガスなどの価格の変動を示す指数になっています。企業物価指数は、主に国内企業物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数の3つから構成されています。これは、日本銀行が毎月算出し公表している商品の需要と景気の動向を把握し、政策に反映される他、企業間で値段を決める際の参考指標などとして利用されています。
企業物価指数の概要と計算方法についてはこちらをご参照ください。
EX調達価格シミュレータの企業物価指数推移チャートを活用することでご利用中の材料の価格変動を確認できます。
画面左側のサイドメニューにある企業物価指数のアイコンをクリックすると、企業物価指数画面が開きます。



②企業物価指数推移チャートの設定

2.1.対象品目の選択
画面右上にある設定アイコンをクリックすると、品目選択画面が表示されます。




品目選択画面の検索エリアで「国内」または「輸入」を選択します。
フリーワードで品目を検索したい場合は「キーワード検索」の欄に検索条件を入力してください。
なお、「大分類」「小分類」「商品群」のプルダウンから検索条件を選択することも可能です。
検索条件を指定した後に、「検索」を押すと、条件に当てはまる品目のみが結果一覧に表示されます。




結果一覧で対象品目のチェックボックスをONにして、「更新」をクリックします。




対象品目の企業物価指数推移チャートはグラフエリアに表示されます。
チャートをマウスホバーすると、ツールチップで企業物価指数(%)を確認できます。






2.2.対象期間の指定
初期に対象期間がデフォルトで「2020年1月から現在まで」です。
期間を変更したい場合は「カレンダー」アイコンをクリックして、年月を選択してください。
なお、手動で年月を入力することも可能です。




「適用」を押すと、企業物価指数推移チャート上に指定した対象期間のデータのみが表示されます。




指標一覧では指標をクリックすることで該当企業物価指数推移チャートを非表示することができます。
下図に粉乳の企業物価指数推移チャートを非表示にしました。