電脳工場からのCSV出力

EX在庫診断で電脳工場のデータを活用するため、電脳工場からデータをCSV形式で出力してから、サービスに出力されたCSVをアップロードします。電脳工場からデータをCSV形式で出力するには、以下の手順に従います。

①CSV出力ツールの取得
②入力情報の確認
③CSVファイルのエクスポート

①CSV出力ツールの取得

電脳工場よりCSVを出力する際には、専用のCSV出力ツールを使用します。

EX在庫診断の画面右上のID表示部分をクリックすると「ダウンロード」が表示されます。
「CSV出力ツール」をクリックするとzipファイルがダウンロードされるので、解凍し、exeを実行してください。解凍したファイルは、特殊文字、スペース、日本語を含まないディレクトリパスへ保存してください。なお、対応しているデータベースはOracleとPostgreSQLです。詳しくは動作環境をご参照ください。
ダウンロード時や実行時に警告が出る場合があります。その際はこちらのQ&Aを参照してください。




Oracle版の場合、CSV出力ツールを実行すると下の図のようなウインドウが表示されます。




PostgreSQL版の場合、CSV出力ツールを実行すると下の図のようなウインドウが表示されます。




②入力情報の確認

2.1.以下ではOracleを元に説明します。

①電脳工場のデータベース接続情報を設定します。
②Oracleをインストールしたディレクトリ、又はInstantClientのフォルダを選択します。
③CSVの出力先を設定します。

※ただし、②③には半角英数字、又は一部の記号(ASCII文字)以外を含むパスは設定できません。

上の画像で赤く囲った①~③の部分を編集します。それぞれの設定の仕方は以下です。

①電脳工場のデータベース接続情報を設定します。
「ユーザーID」や「接続識別子」が埋まります。「パスワード」はお使いの電脳工場のセットアップマニュアルをご参照ください。すべて入力ができたら、「接続テスト」を押下して接続ができるか確認してください。データベース接続情報が分からない場合は、電脳工場のクライアント設定から確認して下さい。

②Oracleをインストールしたディレクトリ、又はInstantClientのフォルダを選択します。
2.A.電脳工場がインストールされている端末でCSV出力ツールを起動すると、[接続識別子]が自動的に設定されます。
 • Oracle11gR2又は、12cの場合は同梱されているInstant Clientのディレクトリが初期値として設定されます。
 • Oracle12cR2又は、19cの場合はOracle Database Clientのbinディレクトリが初期値として設定されます。
2.B.電脳工場がインストールされていない端末の場合、手動でディレクトリを設定します。
「ディレクトリ選択」を押下して、CSV出力ツールに同梱されている「instantclient-1918」のフォルダパスを選択ください。

③ CSVの出力先を指定します。このあとEX在庫診断にアップロードするので、探しやすいパスを指定することを推奨します。

2.2.以下ではPostgreSQLを元に説明します。

①電脳工場のデータベース接続情報を設定します。
②PostgreSQLをインストールしたディレクトリを選択します。
③CSVの出力先を設定します。

※ただし、②③には半角英数字、又は一部の記号(ASCII文字)以外を含むパスは設定できません。

上の画像で赤く囲った①~③の部分を編集します。それぞれの設定の仕方は以下です。
※PostgreSQLのデータを出力する時は、PostgreSQLがインストールされている環境でCSV出力ツールをご利用ください。

①電脳工場のデータベース接続情報を設定します。

「ユーザーID」「サーバー」「ポート」「データベース」が埋まります。「パスワード」はお使いの電脳工場のセットアップマニュアルをご参照ください。すべて入力ができたら、「接続テスト」を押下して接続ができるか確認してください。データベース接続情報が分からない場合は、電脳工場のクライアント設定から確認して下さい。

②PostgreSQLをインストールしたディレクトリを選択します。
[Windowsキー]+[R]で「ファイルを指定して実行」を開きます。
名前欄に「C:\Program Files\PostgreSQL\」と入力し、PostgreSQLのインストールパスが表示されます。
表示結果のうち、「C:\Program Files\PostgreSQL\(バージョン情報)」がPostgreSQLのインストールパスです。
「¥」はバックスラッシュ(左右反対の「/」)の場合もあります。
PostgreSQLのインストールパスを選択して、「OK」を押してください。

③ CSVの出力先を指定します。このあとEX在庫診断にアップロードするので、探しやすいパスを指定することを推奨します。


③CSVファイルのエクスポート

ステップ②を行った後に、「エクスポート」ボタンをクリックすると、電脳工場のデータがCSV形式で出力されます。
CSV出力中は下図のように表示されます。CSV出力を中断したい場合は、「中断」ボタンをクリックしてください。



CSV出力が完了した後に、出力完了ポップアップが表示されるので、「OK」ボタンをクリックしてください。



ステップ②で指定したCSVの出力先に複数のCSVファイルが出力されます。それらのCSVファイルをEX在庫診断にアップロードしてください。