電脳工場からのCSV出力

①CSV出力ツールの取得
②入力情報の確認

①CSV出力ツールの取得

電脳工場よりCSVを出力する際には、専用のCSV出力ツールを使用します。

EX在庫診断の画面右上のID表示部分をクリックすると「ダウンロード」が表示されます。
「CSV出力ツール」をクリックするとzipファイルがダウンロードされるので、解凍し、exeを実行してください。なお、対応しているデータベースはOracleとPostgreSQLです。詳しくは動作環境をご参照ください。

ダウンロード時や実行時に警告が出る場合があります。その際はこちらのQ&Aを参照してください。

実行すると下の図のようなウインドウが表示されます。

②入力情報の確認

以下ではOracleを元に説明します。

①Oracleをインストールしたパスの「bin」ディレクトリを設定します。
②電脳工場のデータベース接続情報を設定します。
③CSV出力ディレクトリのパスを設定します。

上の画像で赤く囲った①~③の部分を編集します。それぞれの設定の仕方は以下です。

①A. [Windowsキー]+[R]で「ファイルを指定して実行」を開きます。「cmd」と入力してOKを押してください。

①B. コマンドプロンプトに「where sqlplus」と入力し、[Enterキー]を押下するとOracleのインストールパスが表示されます。表示結果のうち、「~bin¥」までがOracleのインストールパスです。「¥」はバックスラッシュ(左右反対の「/」)の場合もあります。

②「接続取得」を押下します。

「ユーザーID」や「接続識別子」が埋まります。「パスワード」はお使いの電脳工場のセットアップマニュアルをご参照ください。すべて入力ができたら、「接続テスト」を押下して接続ができるか確認してください。②がうまくいかない場合は、こちらも参照してください。

③ CSVの出力先を指定します。このあとEX在庫診断にアップロードするので、探しやすいパスを指定することを推奨します。