ご利用頂くための前提の運用(電脳工場)

①MRP運用であること

※ハイブリット運用はMRP部分のみで利用可能です。
※製番構成での運用の場合でも、「②月次の在庫評価処理を行う」 を満たしている場合は利用可能です。



②月次の在庫評価処理を行う運用であること

※購入品の在庫評価方法に関しては問いません。




※EX調達価格シミュレータは、電脳工場のデータを利用して各計算処理を実施しております。
 電脳工場の標準機能を前提として計算を行っている為に、カスタマイズを適用している場合にはご利用頂けない場合がございます。
 以下の計算内容をご確認頂き、電脳工場の運用と合わせてご判断頂きますようよろしくお願いいたします。
 • 各対象データの違い
 • 製造単価の算出方法