外注加工の指定

①外注加工の指定

1.1.外注加工画面を表示させる
外注加工エリアで「鉛筆」マークをクリックすると、外注加工シミュレーション条件設定画面が出ます。
外注加工シミュレーション条件設定画面では外注加工一覧が表示されて、シミュレーション対象となる外注加工を指定することができます。




1.2.外注加工を検索・指定する
「品目区分」「品目コード」「取引先」「工程コード」のプルダウンから検索条件を選択して、「適用」ボタンをクリックします。
画面の左側に条件を満たす外注加工の一覧が表示されます。この一覧から、対象外注加工のチェックボックスにチェックを入れて、「追加」ボタンを押してください。一番上のチェックボックスをクリックすると、全選択となります。選択された外注加工は画面の右側に表示されます。




1.3.外注加工単価のシミュレーション単価を設定する
シミュレーション単価の欄に数値を入力します。下図で赤枠で囲まれている部分です。
シミュレーション単価を設定すると、外注加工のチェックボックスがONになって、外注加工がシミュレーション対象になると意味します。
※現在単価は電脳工場の「品目構成の工程単価」から取得されます。




外注加工の指定が完了した後に、「OK」ボタンをクリックすることで、外注加工エリアに戻ります。ここには指定した外注加工の数が表示されます。
「下矢印」アイコンをクリックすると、指定した外注加工の一覧がCSV形式で出力されます。
別の外注加工を指定したい場合は「ゴミ箱」アイコンをクリックし、外注加工シミュレーション条件設定画面で別の外注加工を再度指定してください。




1.4.並び替え機能
項目名の右側にマウスホバーすると、並べ替えマーク(下図で赤枠で囲まれている部分)が表示されます。このマークをクリックすると、上向き矢印「↑」になって、列の値は昇順に並べ替えられます。もう一回このマークをクリックすると、下向き矢印「↓」になって、列の値は降順に並べ替えられます。





②外注加工のシミュレーション条件をCSVでアップロードする

2.1.CSVを出力する
外注加工画面で必要な品目を指定して、「CSV出力」ボタンをクリックすることで指定した品目のCSVが出力されます。




出力されたCSVは下図のようなExcelファイルです。
外注加工画面の右側にある二つの外注加工「623132品目名1」「623139品目名1」の情報がCSVで出力されました。



2.2.メンテナンスしたCSVをアップロードする
Excelファイルを開いて、シミュレーション単価列をメンテナンスした後に、メンテナンスしたCSVをアップロードします。「ファイルを選択」をクリックし、メンテナンスしたExcelファイルを選択すると、このファイルにあるデータは外注加工シミュレーション条件設定画面の右側に表示されます。



シミュレーション実行が終わった後に、「シミュレーション条件を確認」画面で指定した外注加工の情報を再確認できます。