EXtelligence EDIFAS 利用ガイド

EXtelligence EDIFAS 利用ガイド

印刷する印刷

EXtelligence EDIFASの導入をご検討の方、導入を始めようとする方向けのご利用ガイドです。

トライアルを申し込む段階からデモデータを使ってEDIFASの動作方法を確認するまでの手順を紹介しています。

この手順に沿って進めると一通り基本的な利用方法が分かるガイドとなっております。

より詳細な機能や使い方を知りたい方は「更に詳しく」までお進みください。

 

ログインする

○EXtelligenceに企業登録をする

  1. 必要な情報をトライアル申込・新規会員登録の画面に入力し、 利用規約同意にチェックして「登録」ボタンをクリックします。
  2. しばらくすると登録されたメールアドレスに企業登録完了用URLが 送られてくるのでクリックします。
    ※メールが来なければ迷惑メール等、他のフォルダに来ていないか確認し、来ていなければinfo@ex-telligence.comからのメールを受信できるように設定します。
  3. メールアドレスに完了通知と一緒にログインIDが送られてきます。 以上で企業登録は完了です。

○EXtelligenceにログインする

送られてきたログインIDと設定したパスワードをログイン画面に入力してログインします。

設定する

○EXtelligenceの取引先を登録する

EXtelligenceは企業間でデータを送受信するプラットフォームです。

そのため、得意先や発注先といった取引関係のある企業と連携する必要があります。

自社内で試験運用する場合、サプライヤーとして利用する企業用のメールアドレスをご用意ください。

  1. TOP画面右側のサイドバーにある「EDI取引先一覧」をクリックして取引先一覧画面に移動します。
  2. 「EDI取引先登録申請」をクリックしEDI取引先登録申請画面に移動します。
  3. 必要な情報を入力し「送信」をクリックします。
    得意先と発注先を選択できるのでバイヤーとして利用する場合は発注先を選択してください。
    取引先企業のメールアドレスが必要なのでご用意ください
  4. サプライヤー側にメールでEDI取引先申請通知と登録用URLが送られるので、サプライヤーがURLをクリックするのを待ちます。
    ※自社内で試験運用する方は右下の「ログアウト」から一度ログアウトしてからURLをクリックしてください。
  5. 登録完了メールがバイヤー側に送られて来たら取引先登録は完了です。

○EDIFASにデータを連携する

EXtelligence EDIFASは外部のシステムからデータを取込み、連携させて運用を行います。

データを連携させる方法はCSV連携API連携の2種類あります。

・CSV連携

外部のシステムからCSV等の形式でデータを取出します。
取出したデータを「CSVアップロード」を用いてEDIFASに取込みます。
元データの項目とEDIFASの項目を関連付けます。
この関連付けを「マッピング」と呼び、「マッパー」として保存できます
一度行った関連付けをマッパーとして保存しておくことで次回からの手間を省けます。
ご自身で用意したデータでCSVアップロードをする場合の詳細はこちらをご覧ください。

実際にデモ用のデータを用いてCSVをアップロードしてみましょう。

    

【デモ用データのダウンロードはこちら

  

  1. まずはじめにサービス欄にある「EDIFAS」のアイコンをクリックし、EDIFASのメニューを開きます。
  2.     
        
        
        

  3. EDIFASのメニュー下部にある「CSVアップロード」のアイコンをクリックします。
  4.     
        
        
        
        

  5. 今回は発注を例にデータ連携を行うので、「対象データ」に「発注」を選択します。
  6. 「発注先」にEDI取引先企業に登録した企業を選択します。
  7. 文字コードが「Shift-JIS」になっていることを確認します。(今回のデモ用データの指定が「Shift-JIS」のため)
  8. CSVファイルアップロードのクリップマークをクリックし、デモ用の「発注データ.csv」を選択します。
  9. 「CSVファイルの処理開始」をクリックし、確認画面へ移動します。
  10.     
        
        

  11. アップロードしたデータが正しく反映され、エラーがないことを確認して「送信」します。

以上での手順でCSVアップロードは完了です。

・API連携

こちらに記載の連携ソリューション・「Factory-ONE 電脳工場」をご使用の方はAPI連携が可能です。

詳しくはAPI紹介ページをご覧ください。

試験運用する

○データの送受信の流れを確認する

データの送受信の基本的な流れは以下の通りです。

  1. 【バイヤー:データ連携】
    基幹システムからEDIFASにデータを取込みます。
  2. 【バイヤー:送信承認処理】
    バイヤーからサプライヤー側にデータを送ります。

    同時にサプライヤーへ通知がいきます。
  3. 【サプライヤー:取込処理】
    サプライヤーがデータを取込んだ時に新着情報に通知が来ます。
  4. 【サプライヤー:入力】
    サプライヤーが取込んだデータに対する入力を行います。
  5. 【サプライヤー:送信承認処理】
    サプライヤーがバイヤーにデータを送信し、通知が来ます。
  6. 【バイヤー:取込処理】
    バイヤーが受信したデータを取込みます。取込通知が行きます。

実際にバイヤー側で操作する必要のある項目は1.【データ連携】2.【送信承認処理】6.【取込処理】です。

今回は発注・発注回答を例に考えるので1~6までの手順を踏むことになります。

○デモデータで発注する

実際に、先程のデモ用の発注データを用いてデータの送受信を行ってみましょう。

1.【バイヤー:データ連携】

まず外部のシステムから【データ連携】をする必要があります。
データ連携の仕方は「設定する」の「○EDIFASにデータを連携する」で行った方法でEDIFASにデータを取込みます。

2.【バイヤー:発注送信承認処理】

次に【送信承認処理】を行います。
データ連携ができたら【送信承認処理】のアイコンの右上に数字が表示されていることが確認できます。
数字は新しいデータの数を表しています。今回は発注送信承認処理を例にみていきましょう。

【送信承認処理画面】のアイコンをクリックして、送信承認処理画面に移動し以下の手順を確認しましょう。

  1. 「検索[F4]」ボタンをクリックしてデータを一覧表示させます。
  2. 送信するデータにチェックを入れます。
  3. 「送信[F10]」をクリックします。

以上で【送信承認処理】の手順は完了です。

       

3.【サプライヤー:受注取込処理】

サプライヤー側の手順を紹介します。

バイヤーのみを操作する方は【バイヤー:発注回答取込処理】までお進み下さい。

バイヤーが発注データを送信したらサプライヤー側のTOP画面にある新着情報に「受注情報」が表示されます。

また、EDIFASのメニューの【取込処理】のアイコンの右上に数字が表示されていることが確認できます。

【受注取込処理】のアイコンをクリックして、受注取込処理画面に移動し手順を確認しましょう。

  1. 「検索[F4]」ボタンをクリックしてデータを一覧表示させます。
  2. 送信するデータにチェックを入れます。
  3. 「取込[F10]」をクリックします。

以上で【取込処理】の手順は完了です。

 

4.【サプライヤー:受注回答入力】

【取込処理】が完了したらEDIFASのメニューの【入力】のアイコンの右上に数字が表示されていることが確認できます。

【受注回答入力】のアイコンをクリックして、受注回答入力を例にみていきましょう。

  1. 「検索[F4]」ボタンをクリックしてデータを一覧表示させます。
  2. 【入力】処理が必要で、今回は「回答納期」を入力します。
  3. 「保存[F10]」をクリックします。

以上で【取込処理】の手順は完了です。

5.【サプライヤー:受注回答送信承認処理】

続いてサプライヤー側で【送信承認処理】を行います。【受注回答送信承認処理】のアイコンの右上に数字が表示されていることが確認できます。

【受注回答送信承認処理画面】のアイコンをクリックして、受注回答送信承認処理画面に移動します。

  1. 「検索[F4]」ボタンをクリックしてデータを一覧表示させます。
  2. 送信するデータにチェックを入れます。
  3. 「送信[F10]」をクリックします。

以上で【送信承認処理】の手順は完了です。

6.【バイヤー:発注回答取込処理】

続いて受信データの【取込処理】を行います。
サプライヤーが回答の送信を完了するとデータを受信し、新着情報に通知が来ます。

新着情報の回答情報をクリックするか、メニュー画面で右上に数字が表示されている【取込処理】をクリックして取込処理画面へ移動します。

先程の続きの発注回答取込処理を例に進めていきます。

  1. 「検索[F4]」ボタンをクリックしてデータを一覧表示させます。
  2. 取込むデータにチェックを入れます。
  3. 「取込[F10]」をクリックします。

以上で【取込処理】の手順は完了です。

発注・発注回答以外の【送信承認処理】及び【取込処理】も手順は同じになります。

更に詳しく

○ヘルプを見たいとき

全画面右上に1.「マニュアル」があります。
マニュアルでは詳細な情報と使い方を画像付きや動画で解説しています。

また、キーワードで検索する機能もついています。

○FAQ

「マニュアル」内によくあるご質問
をご用意しておりますのでそちらもご覧ください。

○問い合わせ方法

全画面右上に2.「問い合わせ」があります。

マニュアルをご覧になっても不明な点等ございましたら、
メールにてお問い合わせいただくことができます。
  
  

※印刷される方は用紙をA4、余白は上下左右を10㎜に設定して下さい。

※【印刷】インターネットエクスプローラーをご利用の方は
右クリックして「印刷プレビュー」より、倍率を50%に設定して下さい。

  

Icons:Designed by Freepik and distributed by Flaticon